安心して愛する家族を送り出す為の費用相場

横浜の霊園のペット葬事情とは

霊園を必要としているのは、なにも人間だけではありません。動物をペットとして飼っている方は、当然ペットのお墓も必要とします。ペットは人間ではありませんが、家族であり、愛情を注いで同じ時間を過ごしてきた存在です。そんなペットの最後を家族として暖かく見送りたいと思うのは、人間として当然の感情です。多くの人がペット葬を望み、永代供養を必要としています。
このような需要に応えて横浜の霊園にも、ペットの供養を行ってくれる霊園があります。ペット葬の流れは、以下の通りです。まず、ペットが亡くなってしまったら保冷材などを利用して、亡骸を冷やして腐敗を防ぎます。電話でなくなったペットの種類と体重を知らせ、来園日時を伝えます。
そして、直接横浜の霊園に来園するか、無料送迎バスでの送迎を選びます。送迎バスは1万円で利用できます。そして、「立会火葬」「個別火葬」「合同火葬」のなかから火葬の方式を選択します。その後、合同火葬以外の火葬方式では、「お骨上げ」を行います。そして、ご返骨、供養・埋葬を行います。
供養の形態は、自宅での供養、預骨棚での供養、お墓での供養、永代供養墓での供養を選択できます。また、人間の葬儀の場合と同様に、葬儀専門スタッフが心を込めて、本格的なセレモニーを執り行ってくれます。このように横浜の霊園では人間同様の手順をきちんと踏んでくれるので、愛する家族であるペットを安心して送り出すことができるのです。

横浜の霊園の相場とは

横浜の霊園での料金相場も、全国のほかの霊園と同じ方式で料金が決まります。お墓にかかる費用は「永代使用料」と「年間の管理費」の合計によって決まってきます。永代使用料は、その霊園を造成するのにかかった費用によって増減します。横浜のように土地の不動産価格が高い場合は、値段が高くなる傾向にあります。
墓所のタイプには、一般墓所とゆとり墓所があります。ゆとり墓所は一般墓所にくらべると、文字通り通路や隣との空間に余裕があり、それだけ開放的な空間に仕上げることができます。その分、多くの敷地面積を必要とするため、永代使用料や管理費が割高になる傾向にあります。
一般墓所には1.0㎡から6.0㎡の墓所があり、それぞれ永代使用料と年間管理費が異なっています。1.0㎡タイプは永代使用料60万円・年間管理料8400円に対し、6.0㎡タイプは、永代使用料360万円・年間管理料50400円となっています。
永代使用料は、霊園の造成にかかった費用を敷地面積で均等に割った金額が適応されるので、1.0㎡タイプは6.0㎡タイプのちょうど6倍の価格になっています。一方ゆとり墓所の料金は、1.5㎡タイプは永代使用料90万円、年間管理料12600円、2.0㎡タイプ永代使用料120万円、年間管理料16800円となっています。ゆとり墓所も一般墓所と同じく、区画面積で値段が決まってきます。横浜の霊園を利用する際はこれらについて把握しておきましょう。

お客様に損をしてもらわないために豊富な情報を公開しております。 生涯末代まで受け継がれる大事なお墓づくり・墓地選びを当社がしっかりサポート致します。 富士山を眺望できる霊園をご紹介致します。 お墓ができるまでの一連の流れがあるので初めての人にもわかりやすいと評判です。 当社ではお客様のニーズに合わせた基準(交通の便や周辺環境など)を元に、的確なお墓選び・お墓づくりを致します。 横浜に霊園をお探しの方は美郷石材で検索

メニュー

2017/08/23
魅力や特徴を調べてメリットの多いエリアにを更新しました。
2017/08/23
都市部にお墓を持つ良さを知るを更新しました。
2017/08/23
民営墓地と寺院墓地の2種類もしっかりチェックを更新しました。
2017/08/23
利便性をしっかりと確かめて最適な場所を選ぶを更新しました。